/
ホーム  リフォーム  取り扱い商品  店舗紹介  会社概要  お問い合わせ 
雨といのリフォーム
富商リフォーム工事、施工事例


事例1:三鷹市T様邸   日本瓦からトミタルーフW型へ、屋根の耐震リフォーム事例



今回のお客様は耐震リフォームのご相談が寄せられた際に、弊社から次の2つ点からご提案致しました。

◇案1:耐震屋根リフォーム・・・・・・・屋根を軽量化する方法
1995年の阪神・淡路大震災で倒壊、大破などの大きな被害を受けた建物のほとんどが1981年(昭和56年)に制定された新耐震基準以前に建てられた建物でした。築年数が古い住宅は葺き土のある瓦葺きが多く、非常に重い屋根でした。この重い屋根の重さを支えられない柱や柱の間に斜めにいれる筋交いという部材が入っていないため、多くの建物が地震による倒壊にあってしまいました。
 施工主T様は、「日本瓦なので重い屋根では地震が来たら心配だ」「人の頭に瓦が落ちらたいへんだ」「とにかく屋根を軽くしたい」との強いご要望がありましたので、ファインスチールを加工した弊社トミタルーフをご提案し、ご説明当初から奥様には特に好評でした。

◇案2:耐震補強案・・・・・・・屋根の重さを支える力を補強する方法
重い屋根を支える耐震補強にもいろいろな方法がありますが、一般的には「壁の補強」「傷んだ構造材の交換」「耐震金物の取り付け」「基礎の補強」があります。
  壁の補強には「筋交い」により地震の横揺れに耐える部材を設置したり、現在の弱い壁を耐震用の壁材と置き換えるといった方法があります。 耐震金物の取り付けは土台と柱、基礎をしっかりと固定するもの。さらに傷んだ構造材の交換や、基礎の補強については、床や壁などの一部をはがしたり入れ替えたりするなど建物の状況により大きく費用が異なってきます。
 T様の家屋は新耐震基準が制定された昭和56年以降に建てられた建物なので、耐震構造もしっかりしていました。このため最終的にはこの案は見送りとなりました。


 今回の施主様は、「重い瓦では耐震性が心配なので、軽くて丈夫で経済的な屋根材を」という要望があり、そのご要望を最大限お聞きして、お客様と納得いくまで話し合い、屋根を軽量化する耐震屋根リフォーム案、つまり弊社製トミタルーフ(ファインスティールをお客様仕様に加工したもの)を採用していただきました。

【お客様T様の奥様の声】
私たち老夫婦の希望を営業の方がじっくりと聴いてくれました。またこのような耐震屋根のリフォームの知識の少ない私たちに親切にご説明していただき、安心してお任せすることができました。ファインスティールの屋根の音を最も心配しましたが、そんな心配も無く快適な住まいになりました。


 耐震リフォームを検討する第一ステップは?
1995年の阪神・淡路大震災で倒壊、大破などの大きな被害を受けた住宅のほとんどがこの新耐震基準以前に建てられた建物であったことから、この「1981年(昭和56年)」がひとつのキーワードになると考えて良いでしょう。今お住まいの住宅はいつ建てられましたか? 
是非、確認してみてください。


耐震性を向上させるために、重い日本瓦を撤去することから始め、軽い鉄板の弊社トミタルーフW型への葺き替えを実施するもので、概算工期1週間です。



◇工程1:約1日~2日◇
日本瓦撤去の場合 瓦の下に大量の土を含んでいますので足元が大変滑りやすくなっておりますので 作業員の転落防止・安全のために足場の設置をお願いしております。
◇工程2:工程2.と3.で約1日~2日◇
屋根リフトという簡易機械を設置(この時普通の100V電源をお借りします。) し、1枚1枚はがした瓦を何枚か重ね、またホウキとチリトリにて集めた土はガラ袋に 詰めてから地上まで降ろします。
◇工程3◇
前述 2.の作業と連動していますが、急に雨が降ってくると雨漏りしてしまいます。お 天気と相談しながら作業を行います。
瓦撤去→
コンパネ貼り下葺き材(ルーフィング)を施工します。下葺き材(ルーフィング)を敷いた状態にしておけば急に雨が降って も雨漏りすることはありません。

コンパネ貼り・・・雨漏りで腐食したり今までの屋根材で重みで変形している木 の下地の上にもう一度新しいコンパネ(木の板)を施工することによって屋根面の水平度 を直し、屋根材が葺き上がったときの仕上りに違いが出ます。

下葺き材(ルーフィング)・・・屋根を葺く場合は屋根仕上げ材より万が一雨水が 浸入した場合の保護用としてアスファルトを染み込ませた紙を下葺き材として必ず使用します。
◇工程4:約1日~2日◇
まず最初に屋根の端々に捨唐草という部材を取りつけます。屋根から落ちてくる雨水を切るためのもので、これがないと雨水が屋根の裏、壁に水が廻ってしまいます。

次に下葺き材(ルーフィング)の上に屋根温度上昇を抑えるため、今回は断熱材(オプション)を敷き、その上に屋根材本体のトミタルーフを軒先から葺いていきます。
軒先には雪が降ったときに雪を止めるため、雪止めというものを取り付けます。
(雪止めがないと屋根に降り積もった雪が解けるときにドサッっとまとめて落ちてくるので大変危険です。)
最後に屋根の一番高い所に雨仕舞いのために棟包みという部材と屋根内部の温度変化による結露を防ぐために換気棟という部材を取付けます。

美しい横葺きのライン。屋根荷重も4.5t!(普通乗用車4台分)の軽量化に成功。
地震に強くきれいで環境にやさしい耐震屋根の完成です。工期7日間。



事例1:練馬区O様邸
日本瓦とコロニアルの複合屋根のリフォームと鳥の巣対策

元々は日本瓦屋根の家で増築部をカラー鉄板の瓦棒で葺かれていたO様邸ですが、瓦と板金部の取合い部の一部が雨漏りしていました。
また、棟違い妻部分にかなり大きい隙間があり、そこには鳥が巣を作っていました。O様のご要望で写真のようにカラーGL鋼板で完全に塞ぎました。もう鳥の巣は作れませんので安心です。


【屋根のリフォーム】
将来のことを考え耐候性の良いコロニアルグラッサ全面葺き替えをさせていただきました。 このコロニアルグラッサ(GLASSA)は、経年劣化に強く、美しさを長く保てること、豊富なカラーバリエーションからお客様がお好みのカラーを選択できることが特徴です。さらに、小屋裏における夏の熱気対策と冬の結露対策のために、換気棟を2台設置致しました。
事例例2:世田谷区O様邸
コロニアル屋根から断熱・遮熱性を重点に

リフォームステーション富商のホームページをご覧になった施工主様より、屋根の断熱を考慮して外廻りのリフォームをしたいとのご要望をいただき、複数回の打ち合わせの結果、以下の工事内容に決定いたしました。


【屋根のリフォーム】
既存コロニアルを剥がさず、撤去費を節約できるカバー工法で施工。 アイジー工業(株) 「ガルバ断熱ルーフ ガルテクト」葺きと致しました。 このガルバ断熱ルーフ ガルテクトは裏打ちされた断熱材と遮熱鋼板の相乗効果で、冬は暖気を逃がさず、夏は太陽の熱を遮断し、快適な住環境を提供します。

【外壁のリフォーム】
耐久性を考慮し、「エスケー化研(株)ニュートップレスクリーン三回ローラー塗り」その他全壁面をしっかり塗り替えを致しました。この外壁の塗装材「ニュートップレスクリーン」は以下の理由でチョイス致しました。

・表面が緻密な塗膜構造を持ち親水性のため、優れた低汚染性を発揮すること。
・長期に亘ってかびや藻などの微生物汚染を防ぎ、衛生的ななこと。
・塗膜は弾性を有し、下地の微細なひび割れに追従し、雨水の浸入を防ぐこと。
・透湿性に優れ、膨れの防止や内部結露の防止に役立つこと。

【雨樋のリフォーム】
既存の雨といを撤去し、「パナソニック電工 角軒樋PC50 角たてといS30」でリニューアル致しました。


【お客様の声】
築25年経って褪色が気になり始め、どうしたものかと情報集めしていた時、運よく富商のホームページをヒット。連絡したらすぐ来宅。そのフットワークの良さに驚いたが、それにも増して、こちらの要望を的確にくみ取っての頼もしい施工提案に全幅信頼、何の迷いもなく工事を依頼した。たとえ微力でも、未来のために CO2削減の努力をしなければと考える私共には、カバー工法はまさに打ってつけ。軽量故に可能なカバー工法で二重構造となり、断熱性能は飛躍的に向上して冷暖房費が大幅低減。それに覚悟していたより、かなりローコストの支払いで済み、ホクホク気分の我が家です。



事例3:中野区A様邸
既存鉄板瓦棒葺き屋根からセキスイかわらUへ

・この葺き替えは既存の鉄板屋根をはがさずに施工できるので経済的です。
・日本瓦の伝統的なシルエット、波型状ですからとても自然な屋根の出来上がりです。
・工期は1週間で施工できました。



現在セキスイかわらUの商品は廃盤品となっております。
日本瓦風屋根材は別メーカーの物を扱っておりますので、
お気軽にご相談ください。


事例5:武蔵野市S様邸
カラートタンからカラーGLワンタッチ立ハゼへ(下屋のみ補修)

このような緩勾配では、平葺きでは無理があります。
実際、雨漏りしていて、 天井パネルも剥れていた状態でしたが、
台風が来ても安心です。(工期1.5日)

こちらのお施主様のように色をがらっと変えてイメージチェンジも可能です。
トミタルーフはカラー バリエーションが豊富です。

※詳しくは、お好きなカラーの鋼板(ファインスチール)を選べるトミタルーフページへ



事例例4:小金井市K様邸
経年劣化に強いコロニアルグラッサ屋根と落葉対策

以前別のリフォーム業者がコロニアルに塗装したとのことですが、縁切りをしていないため、雨漏りを起こしていました。
屋根改修のためにせっかく足場をかけるのだから・・・ということで、この屋根のリフォームを機に外まわりの外壁のリフォーム雨といのリフォームもお手伝いさせて頂きました。


縁切りとは・・・塗装後にコロニアルの重なり部分の塗料をヘラ、スペーサー等で切断し、コロニアルの内部に侵入する水の逃げ場を作ること。


【屋根のリフォーム】
既存コロニアルを撤去後、高耐候性のある「KMEW コロニアルグラッサ葺き」と致しました。 このコロニアルグラッサ(GLASSA)は、経年劣化に強く、美しさを長く保てること、豊富なカラーバリエーションからお客様がお好みのカラーを選択できることが特徴です。

【外壁のリフォーム】
耐久性の高い「エスケー化研(株) ニュートップレスクリーン」で3回ローラー塗りを致しまし た。この外壁の塗装材「ニュートップレスクリーン」は以下の理由でチョイス致しました。

・表面が緻密な塗膜構造を持ち親水性のため、優れた低汚染性を発揮すること。
・長期に亘ってかびや藻などの微生物汚染を防ぎ、衛生的ななこと。
・塗膜は弾性を有し、下地の微細なひび割れに追従し、雨水の浸入を防ぐこと。
・透湿性に優れ、膨れの防止や内部結露の防止に役立つこと。

【雨といのリフォーム】
既存の樋(とい)を撤去し、新らたに「パナソニック電工 軒樋U105 角たて樋S30」を施工し、軒樋には以前から悩まされていた落葉対策として“落葉よけネット”をご提案させて頂きました。
この落葉よけネットは樹脂製で落ち葉・その他のゴミから雨といを守る優れもので、しかも廉価ですから気軽にご使用いただけます。屋根に木の葉が飛んでくるお宅には是非お勧めしたい“軒とい用部材”です。



落葉対策には、パナソニック“落葉よけネット”で落葉が樋に入り込むのを排除しますので樋のつまりを防ぎます。



事例6:三鷹市M様邸
コロニアルからトミタルーフW型へ

築30年のコロニアル葺きの屋根ですが、雨漏りがしたというので駆けつけたところ、屋根表面は結露でコケが生え一部野地板まで腐っており、天井はシミになっていました。

今まで何度かリフォーム業者に屋根を塗装してもらったとのことですが、コロニアル再塗装の際、必須の
縁切りがなされていない、いわゆるベタ塗りの為にコロニアル内部に入った雨水が外へ出られず野地板を侵食させていました。


縁切りとは・・・塗装後にコロニアルの重なり部分の塗料をヘラ、スペーサー等で切断し、コロニアルの内部に侵入する水の逃げ場を作ること。


撤去費節約のために、既存コロニアルは剥がさずそのままとしました。

その既存のコロニアルの上に9mmコンパネ貼り(下地調整)、アスファルトルーフィングを下葺き後、 カラーガルバリウム鋼板の板厚0.35mmで、トミタルーフW型を葺きました。

また、屋根裏の結露防止のために、換気棟を3ヶ所を増設して施工しました。
(工期は5日間です)

※詳しくは、お好きなカラーの鋼板(ファインスチール)を選べるトミタルーフページへ


事例7:品川区A様邸
日本瓦からトミタルーフW型へ

築50年の日本瓦屋根ですが、耐震性が心配なので軽くて丈夫で、かつ経済的な屋根材をというA様のご要望によりファインスチールを利用した弊社製トミタルーフ断熱工法をご提案させていただきました。
さらに本件の屋根の葺き替えに合わせて“下屋根の塗装工事”を13ヶ所も施工させていただきました。


住居の耐震性の向上を狙い、重い日本瓦を撤去、軽い鉄板(ファインスチール)を加工した弊社トミタルーフW型で葺き替えを行った。

【お客様の声】
日本瓦から軽いファインスチール屋根に変貌した。たいへん綺麗な出来栄えで、富商さんにお願いして本当に良かった。

※詳しくは、お好きなカラーの鋼板(ファインスチール)を選べるトミタルーフページへ




ようこそ!屋根リフォーム屋根の葺き替え専門店へ
リフォームステーション富商サイトは東京都小金井市にある屋根リフォーム屋根の葺き替えリフォーム専門店です。運営は昭和9年より建築資材の卸売業と建築工事を営んでいる株式会社富商工事管理部です。 このリフォームサイトでは屋根リフォーム屋根葺き替え外壁のリフォーム雨といリフォーム、そして水廻りリフォームキッチンリフォーム、風呂リフォーム、トイレリフォーム)を行う上での基本的なポイントを情報提供しております。 特に屋根リフォーム時の情報収集に必要な屋根リフォーム事例耐震屋根リフォーム事例やコロニアル屋根の葺き替え費用屋根リフォーム価格をお知りになりたい方は屋根葺き替えの費用見積例屋根リフォーム費用の概算額を掲載していますのでぜひご参考にしてください。 屋根リフォーム・屋根の葺き替え専門店「リフォームステーション富商」はお客様が安心して気持ちよく暮らせる屋根リフォームを追及しています。

〒184-0013
東京都小金井市前原町1-7-4

■代表
TEL
(042)388-4401
FAX
(042) 388-4402
■工事部
TEL
(042)388-4407
FAX
(042) 388-4402
■営業エリア

    



[業務内容]

■材料販売
| カラー鋼板
| 雨とい
| コロニアル
| サイディング
| ポリカ波板
| 板金加工
■リフォーム工事
| 屋根工事
| 雨とい工事
| 外壁塗装工事
| 水まわり工事
・23区
杉並区、世田谷区、中野区、練馬区

・多摩地区
あきる野市、稲城市、羽村市、国分寺市、国立市、三鷹市
小金井市、小平市、昭島市、清瀬市、西東京市、多摩市
町田市、調布市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市
八王子市、府中市、武蔵村山市、武蔵野市、福生市、立川市
・その他地域:神奈川県
川崎市(中原区、高津区、宮前区、麻生区、多摩区)
横浜市(港北区、都築区、青葉区、緑区)
相模原市


工務店、リフォーム業者経由のお見積りは現在行っておりません。
個人のお客様のみの対応とさせて頂いております。
 
| ホーム | 会社概要  | 店舗紹介 | 取扱商品 | お問い合わせ
| リフォーム | 屋根のリフォーム | 外壁のリフォーム  | 雨といのリフォーム  | 水まわりのリフォーム
| お見積り例、単価表 | 施工事例 | ご契約竣工までの流れ